読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Forza Jubilo

地元磐田の誇り”ジュビロ”を応援するブログ

仙台に痛恨の黒星 1点が遠い磐田

f:id:jubita:20170304212640p:plain

 J1リーグの第2節が4日に行われ、ジュビロ磐田ベガルタ仙台と対戦した。磐田は開幕戦に比べ中盤の選手が積極的に攻撃参加。川又のヘディングがバーに直撃するなど惜しいシーンも見られたが得点は奪えず。後半29分、ゴール前の混戦から仙台・奥埜に決められ先制されると、そのまま逃げ切られ0-1で試合終了。昨季2戦2勝と相性の良かった仙台が相手だったが、ホーム開幕戦を勝利で飾ることはできなかった。

 磐田の先発メンバーは次の通り。開幕戦からの変更はなく、GKにカミンスキー、最終ラインは右からDF山本、DF大井、DF森下、MF宮崎。ダブルボランチにMFムサエフとMF川辺。中盤のサイドは右にMF太田、左にMFアダイウトン。トップ下にはMF中村俊、1トップにFW川又が入り4-2-3-1の布陣で臨んだ。

川又「俺が決めるか決めないか」

 サックスブルーに包まれた超満員のヤマハスタジアム。観客の声援に後押しされてか、磐田は序盤から積極的に攻めあがる。前半2分、ムサエフの縦パスから中村が左サイドへ展開。走りこんだ山本がクロスを送るとアダイウトンが頭で合わせるが、枠を外してしまう。前半20分、右サイドから川辺がグラウンダーのクロス。ゴール前で川又がシュートを放ったが相手のブロックに遭いゴールとはならなかった。直後のCK、中村の蹴ったボールに川又が今度は頭で合わせるも、これがバーに直撃。惜しいチャンスをものにできず、前半を0-0で折り返す。

 後半5分、14分と川又が強烈な左足シュートを放つが、どちらも枠をとらえられない。先制点が欲しい磐田だったが、先にゴールを奪ったのは仙台。後半29分、FKの流れからゴール前で混戦となり、石原が後方に下げたところを奥埜がコースを狙って右足を振りぬいた。ボールはポストに当たってゴールに吸い込まれた。リードを許した磐田は、仙台の守備網を崩そうと34分に松本、39分に松浦を投入。終了間際、CKの流れから、川辺に代わって途中出場の上田が左足ミドルを放ったが、わずかにバーの上へ外れた。試合はそのまま0-1で終了。開幕戦に引き続き無得点に終わった。

 昨季14ゴールのチーム得点王が退団し、今季は”ジェイ頼み”ではない攻撃の形を見いだそうとしている磐田。川又は試合後、「俺が決めるか決めないか、というところだった」と語った。ジェイの後釜が磐田の攻撃のカギを握っている。(end)
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ
にほんブログ村

Jリーグ ブログランキングへ