読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Forza Jubilo

地元磐田の誇り”ジュビロ”を応援するブログ

小川航「結果だけを求めて」 値千金の同点弾!!

f:id:jubita:20170211224856j:plain
 DAZNニューイヤーカップ鹿児島Rの第3戦が11日に行われ、ジュビロ磐田鹿児島ユナイテッドFCと対戦した。磐田は鹿児島に危ない場面を作らせなかったが、パスミスや連携不足でなかなか攻撃の形を見いだせず、前半を0-0で折り返す。後半、途中出場の荒木や松本がゴール前の連携からシュートを放つなど決定機はあったが得点には至らなかった。すると同39分、右CKから藤本に右足で合わせられて鹿児島に先制を許してしまう。負ければ大会連覇を逃す磐田だったが、試合終了間際、ゴール前の競り合いの中押し込んだ小川航のゴールでなんとか同点に追いつき、1-1のドロー。勝ち点などで鹿児島と並んだ磐田は抽選で優勝を引き当て、大会2連覇を果たした。

荒木、松本ら交代組が躍動した後半

 磐田の先発メンバーは次の通り。GKに志村滉、最終ラインは右からDF櫻内渚、DF大南拓磨、DF高橋祥平、MF中村太亮。ダブルボランチにMF上田康太とMF上原力也。中盤のサイドは右にMF松浦拓弥、左にMF松井大輔。トップ下にはMF針谷岳晃、1トップにFW齊藤和樹が入り4-2-3-1の布陣。2戦連続で針谷がトップ下で先発出場した。

 磐田は前半38分、齊藤がペナルティーエリア右からクロスを送ると、中央で待っていた針谷がトラップから反転して左足ボレー。得点とはならなかったがルーキー針谷がこの日も見事なプレーをみせる。ただ、前半で会場が沸いたのはこのシーンくらい。シュートも前半は3本に終わった。

 後半に入ると荒木、松本を投入。すると後半5分、さっそく荒木が左サイドで仕掛ける。二人をかわしてペナルティーエリアに進入、フィニッシュまで持ち込んだがシュートはGK正面だった。同17分には松本が上田のパスから左足を振りぬく。しかし、ペナルティーエリア右角付近から放ったシュートは惜しくもゴール左のバーに嫌われた。同27分にはまたも荒木に決定機。松浦が左サイド敵陣深い位置から中央へパスを送るとゴール前で荒木がシュート。これはGKの好セーブに阻まれた。

同点弾の小川航「結果だけを求めて試合に臨んだ」

 徐々に攻撃に厚みが増してきた磐田だったが、後半39分にCKの流れから失点、リードされる展開に。しかし、後半アディショナルタイム4分、右サイドのゴール際から櫻内が粘って上げたクロスに大井が高い打点のヘディング。クロスバーに直撃したこぼれ球に反応した小川航がGKとの競り合いの中でゴールに押し込んだ。昨年のニューイヤーカップでも清水戦で途中出場、試合終了間際に得点を決めている。今試合でも、後半24分からの途中出場。限られた時間の中で貪欲にゴールを狙っていた。試合後のインタビューでは「あきらめない姿が結果につながった」「結果だけを求めて試合に臨んだ」と語った小川航。フォワードとして、何よりもゴールを求める姿勢に頼もしさを感じた。

 試合はそのまま終了し、1-1のドローで決着。最終順位は勝ち点などで並んだ鹿児島との抽選の結果、優勝となった。カテゴリーの違う相手との対戦が続いた今大会。優勝はしたものの、1勝2分と3戦全勝した昨年よりは物足りないものになった。ゴールに関しても各試合1点ずつで複数点はなし。しかし、あくまでプレシーズン。名波監督は「キャンプでは攻撃についてはほとんど触っていない」と語る。あと2週間でどれだけ連携を深めることができるかに注目だ。本番は2月25日、セレッソ大阪戦から始まる。(end)
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ
にほんブログ村


ルーキー針谷、トップ下で随所に見せ場

f:id:jubita:20170209034105j:plain
 DAZNニューイヤーカップ鹿児島Rの第2戦が8日に行われ、ジュビロ磐田ギラヴァンツ北九州と対戦した。前半42分、松浦からの縦パスを小川航が落としたところ、走りこんだ荒木がシュート。GKにはじかれるもゴールに吸い込まれ磐田が先制した。試合は前半の1点を守り切った磐田が1-0で勝ち今大会初勝利。先制するも追加点を奪えない試合が続いたが、鹿児島R連覇に向けて勝ち点3を積み上げた。

若手主体で1-0勝利 名波監督「有意義な90分」

 磐田の先発メンバーは次の通り。GKに三浦龍輝、最終ラインは右からDF櫻内渚、DF大南拓磨、DF藤田義明、MF宮崎智彦。ダブルボランチにMF松浦拓弥とMF上原力也。中盤のサイドは右にMF太田吉彰、左にMF荒木大吾。トップ下にはMF針谷岳晃、1トップにFW小川 航基が入り4-2-3-1の布陣。ルーキーや2年目が目立つ若手主体のメンバーで臨んだ。

 前半17分、太田の右CKに櫻内が頭で合わせるもGKにセーブされる。21分に荒木の縦パスを受けた小川航が強烈な右足シュートを放った。28分、今度は太田がドリブルで持ち込んでミドルシュート。こちらもGK山岸にはじかれ得点とはならなかった。なかなかチャンスをものにできていなかった磐田だが、前半終了間際の42分にゴール前での連携から荒木のシュートで先制に成功。「練習でやっていた動き」と荒木。

 後半の頭からは小川大貴が右SBに入った。昨年の大けがからの復帰とあって久しぶりの試合だったが、安定した守備と果敢なオーバーラップで持ち味を発揮していた。同29分には来季チーム加入が決定した筑波大の中野誠也、元ウズベキスタン代表のムサエフも登場した。後半に入ると、北九州に攻め込まれる時間帯が増えたが、GK三浦龍輝を中心に守り切る。攻撃では後半3分、太田のFKに小川航がヘディングシュート、47分には太田のFKからムサエフがゴール前に飛び込むなどゴールを脅かしたが追加点は奪えず。試合はそのまま1-0で磐田が勝利した。名波監督は「経験のある選手がリードしてくれて、若い選手たちも積極的にプレーしてくれた。非常に有意義な90分だった」と評価。

ルーキー針谷が堂々のトップ下

 5日の熊本戦で活躍した38歳中村俊輔に代わり、トップ下で先発した針谷。その針谷は前半17分、右サイドで仕掛けた荒木のパスに反応。裏へ抜け出してシュート性のクロス。同22分、右サイドからの太田のクロスに右足で合わせた。惜しくも得点とはならなかったが、序盤から積極的にゴール前に顔を出す。以降、直接シュートシーンに絡むことはなかったが、ハーフウエーライン付近から敵陣右サイドに大きく展開、ライン際の太田へピンポイントでロングパスを通したり、密集地でも切り返しやターンで相手をはがして味方につないだりするなど随所で見せ場を作った。後半29分に交代。終始、高卒ルーキーとは思えないほど淡々と、堂々とプレーしていた針谷。1年目からの活躍に期待がふくらむ内容だった。(end)
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ
にほんブログ村

ドコモユーザーに朗報!!DAZNが月額980円に

 NTTドコモが約2100億円を投じて2017年から10年間のJリーグの放映権を獲得した英動画配信大手のパフォームグループとの提携を発表しました!!ドコモ利用者は同社のスポーツ配信サービス「DAZN」の料金が月額980円になるようです。
www.nttdocomo.co.jp

 ドコモユーザーにとっては嬉しいニュースですね。そういう僕も10年以上ドコモを利用しています。昨年まではスカパーJリーグオンデマンドで視聴していましたから、視聴費用は3分の1程度に!!!ようやくドコモの恩恵を受けられた気が...(end)
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ
にほんブログ村

名波監督、3バックに「肉付けできている」


 DAZNニューイヤーカップ鹿児島Rの初戦が5日に行われ、ジュビロ磐田ロアッソ熊本と対戦した。試合は前半37分、DF櫻内のクロスに新戦力のFW川又が頭で合わせ先制。しかし、後半33分、右サイドからクロスを上げられると嶋田に決められ熊本が同点に追いつく。試合はそのまま1-1のドローで終了した。

結果残した川又、俊輔もさすがの存在感

 磐田の先発メンバーは次の通り。GKに八田直樹、最終ラインは右からDF櫻内渚、DF藤田義明、DF森下俊。ダブルボランチにMF川辺駿とMF松本昌也。サイドは右にMF太田吉彰、左にMF宮崎智彦。トップ下にはMF中村俊輔、2トップにFW川又堅碁、FW小川 航基が並ぶ3-5-2の布陣で臨む。

 前半5分、ファーストシュートは”背番号10”の中村俊だった。ミドルレンジから左足を一閃。惜しくもバーの上に外れたが観客を沸かせる強烈なシュートを放った。6分にもCKの流れからすぐさまシュートを放ち、積極的な姿勢をみせた。前半33分、中村俊のFKに川又が頭合わせるもGK正面。続く34分、またしても中村俊からのクロスに川又がヘディングでゴールを狙うなど、攻撃をけん引した。そして37分、櫻内が右サイドからアーリークロスを送ると後ろからのボールに川又がうまく頭で合わせ先制した。

 後半はフォーメーションを4-2-3-1に変更。小川が下がり、2列目の左に荒木が入った。前半は磐田がゲームを支配していた印象だったが、後半はシュートの本数が激減、守備でも熊本に何度か危ないシーンを作られてしまう。すると悪い流れを断ち切れずに33分、熊本に同点弾を許す。試合は同点のまま終了。磐田は追加点を奪えず、勝ち切ることができなかった。

 名波監督は試合後のインタビューで「カテゴリーの違う相手に、選手は謙虚にアグレッシブに、今もてる体力の約すべてを使って戦ってくれた」と評価。昨季は3バックと4バックを併用した名波監督。3バックで結果がついてこなかったが、この試合でも3バックを採用。前半のみだったが無失点で「昨年より肉付けができている」と満足そうだった。まだまだピッチ上で連携や各個人の調子を整えていく段階。リーグ戦はどんな布陣で戦うのか、名波監督の采配に注目が集まる。(end)
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ
にほんブログ村

大物再び...ポドルスキ、神戸加入へ!?

まさか..ほんとうに来るのか...!?

元ドイツ代表、FWルーカス・ポドルスキの神戸加入が"決定的"になったと毎日新聞が報道。神戸関係者が「まもなく決まる」と語っているようです。

ガラタサライ側は放出を否定しているとの記事もありますが、セレッソ大阪でプレーしたフォルランに続く大物がJリーグでプレーすることになるのでしょうか。

 

昨シーズン、神戸には2敗しています。2試合とも4失点...。レアンドロペドロ・ジュニオールの外国人コンビにやられました。

2ndステージでは優勝争いをするなど強さを見せた"ネルシーニョ神戸"。よし、鹿島移籍でペドロ・ジュニオールさんがいなくなったぞっ!!と思いきや、しっかりと大物補強に乗り出しました。楽天マネー、さすがですね。

 

ジュビロの"海外ビッグネーム"といえば

ドゥンガスキラッチファネンブルグ...ジュビロ黄金期の礎を作った方たちですね。

ジュビロを勝利に導くこと以外に、一緒にプレーした選手に良い影響を与えてくれるという面でも存在は大きいですよね。名波監督もファネンブルグに、あるキックの蹴り方を教わったと語っています。


Jリーグ ジュビロ磐田 名波浩 監督に清水範久が直撃!#9 ファネンブルグが教えてくれたキックの蹴り方

 

ピークは過ぎたとしても、世界的なスター選手がいるとチームに与える影響はその年の勝ち点だけにとどまりません。将来のチームに還元されると思います。

そういう意味では、もうジュビロには中村俊輔がいましたね。ただ...

ジュビロにも未だ残されている外国人枠。YAMAHAマネー、期待しています。

(end)

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ
にほんブログ村

2017シーズン始動 ジュビロ オレ!!

 

2017年1月13日、「新体制発表記者会見」が行われ、ジュビロの新シーズンが始まりました!!

服部強化部長が強化ポイントを挙げて「まるでここにいる選手たちを後付けしたみたいな言い方にもなる」と目的を持って選手を選定、獲得できたことを強調していました。

にしても、ウズベキスタンのムサエフ、謎すぎます笑

パパドプーロスのときもそうでしたけど、当たりはずれ、フィットするかという不安はありますが、どんな選手なんだ!?いう楽しみがあって、助っ人を自力で探してくる感じ好きです。服部さん、ありがとうございます!!

jubiloiwata.hatenablog.com

やはり目玉は SHUNSUKE NAKAMURA!!

昨季は、1stでは強豪相手でも勝ち点を奪い8位と健闘も2ndで失速。最終節でJ1残留を決めるまでは不安で不安で…

振り返ってみると、やはり小林祐希の抜けた穴は大きかったかなと。

"何かやってくれる感"とか"得点力"という意味でもそうですけど、ゲームを組み立て、味方の動きを生かすような"使う存在"がいなくなってしまったかなーと試合を見てて感じていました。みなさんもそんな印象持たれていたと思います。

僕だけじゃないはず...

やっぱファンタスティックでエレガントでウルトラなパサーが欲しいなーと。

 

そういう流れかーらーの、まさかの"天才レフティー"中村俊輔加入です。

まだ1試合もしていないのに、「これで強豪クラブの仲間入りだッ!!」と思ってしまうのは何故でしょうか...ただ期待だけが膨らんでしまいます。

もちろん、38歳という年齢に不安な部分もありますが、「年齢は関係ない」(名波監督)というようにまだまだ華麗なプレーを見せてもらいたいです!!

-------------------------------------------------------------------

とここまで書いてきましたが、本ブログ、ジュビロ始動に合わせてスタートしました。

地元の誇りであるジュビロについて、ブログを通して応援できればいいなと思います。(end)

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ
にほんブログ村