読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Forza Jubilo

地元磐田の誇り”ジュビロ”を応援するブログ

磐田が今季初勝利"決めるべき選手"が決めた

f:id:jubita:20170311211108p:plain

 J1リーグの第3節が11日に行われ、ジュビロ磐田大宮アルディージャと対戦した。磐田は前半5分に中村俊が直接FKを決めて先制。後半5分にはロングボールに川又が競り勝ちゴールを決めた。同28分、大宮に1点返されたが、粘り強い守備で逃げ切り、2-1で今季初勝利。新加入のレフティ二人が磐田を勝利に導いた。試合後、名波監督は「幼稚な失点」と守備に釘を刺したが、今季の初得点、初勝利に安心したのか「若干、未来は明るくなった」と笑みを浮かべた。

今季初ゴールは”背番号10”の左足

 磐田の先発メンバーは次の通り。GKにカミンスキー、最終ラインは右からDF櫻内、DF大井、DF藤田、MF宮崎。ダブルボランチにMFムサエフとMF川辺。中盤のサイドは右にMF太田、左にMFアダイウトン。トップ下にはMF中村俊、1トップにFW川又が入り4-2-3-1の布陣で臨んだ。

 ジュビロの今季初ゴールは”背番号10”の左足から生まれた。前半5分、ムサエフがペナルティーアーク付近で倒されてFKを獲得。中村俊が蹴ったボールは鮮やかにゴール右に吸い込まれた。先制した磐田はその後も攻撃の手を緩めない。同10分、中村俊のスルーパスに抜け出した太田がペナルティーエリア手前右から強烈なミドル。これは惜しくもバーに当たってしまう。23分には中村俊の左クロスにゴール前でアダイウトンが飛び込んだが、相手GKの好セーブに阻まれた。

 1点リードのまま迎えた後半開始直後、今度は川又がゴールを奪う。自陣からのロングボールに反応し、競り合いの中粘ってキープするとGKと一対一を制して左足で冷静に決めた。移籍後初ゴールは、あきらめず、粘って、強引に、体を張って得た何とも川又らしいものだった。後半28分、大宮の清水にクロスから頭で決められたが、同43分に清水が放ったシュートに対してはGKカミンスキーが左手一本で弾く好セーブをみせるなど、最後までリードを守り切った。

 ゴール前絶好の場所でのFKを中村俊が当然のごとく決めた。2点目はストライカーの川又が相手の隙を突いて点取り屋らしい貪欲さを見せた。ともに新戦力の二人がゴールという結果を残した。特に川又は1トップとして、より得点が求められる立場。前節の試合後も、敗戦について「俺が決めるか決めないか」と語っていた。”決めるべき選手”が決めて、勝った試合だった。(end)
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ
にほんブログ村

Jリーグ ブログランキングへ

仙台に痛恨の黒星 1点が遠い磐田

f:id:jubita:20170304212640p:plain

 J1リーグの第2節が4日に行われ、ジュビロ磐田ベガルタ仙台と対戦した。磐田は開幕戦に比べ中盤の選手が積極的に攻撃参加。川又のヘディングがバーに直撃するなど惜しいシーンも見られたが得点は奪えず。後半29分、ゴール前の混戦から仙台・奥埜に決められ先制されると、そのまま逃げ切られ0-1で試合終了。昨季2戦2勝と相性の良かった仙台が相手だったが、ホーム開幕戦を勝利で飾ることはできなかった。

 磐田の先発メンバーは次の通り。開幕戦からの変更はなく、GKにカミンスキー、最終ラインは右からDF山本、DF大井、DF森下、MF宮崎。ダブルボランチにMFムサエフとMF川辺。中盤のサイドは右にMF太田、左にMFアダイウトン。トップ下にはMF中村俊、1トップにFW川又が入り4-2-3-1の布陣で臨んだ。

川又「俺が決めるか決めないか」

 サックスブルーに包まれた超満員のヤマハスタジアム。観客の声援に後押しされてか、磐田は序盤から積極的に攻めあがる。前半2分、ムサエフの縦パスから中村が左サイドへ展開。走りこんだ山本がクロスを送るとアダイウトンが頭で合わせるが、枠を外してしまう。前半20分、右サイドから川辺がグラウンダーのクロス。ゴール前で川又がシュートを放ったが相手のブロックに遭いゴールとはならなかった。直後のCK、中村の蹴ったボールに川又が今度は頭で合わせるも、これがバーに直撃。惜しいチャンスをものにできず、前半を0-0で折り返す。

 後半5分、14分と川又が強烈な左足シュートを放つが、どちらも枠をとらえられない。先制点が欲しい磐田だったが、先にゴールを奪ったのは仙台。後半29分、FKの流れからゴール前で混戦となり、石原が後方に下げたところを奥埜がコースを狙って右足を振りぬいた。ボールはポストに当たってゴールに吸い込まれた。リードを許した磐田は、仙台の守備網を崩そうと34分に松本、39分に松浦を投入。終了間際、CKの流れから、川辺に代わって途中出場の上田が左足ミドルを放ったが、わずかにバーの上へ外れた。試合はそのまま0-1で終了。開幕戦に引き続き無得点に終わった。

 昨季14ゴールのチーム得点王が退団し、今季は”ジェイ頼み”ではない攻撃の形を見いだそうとしている磐田。川又は試合後、「俺が決めるか決めないか、というところだった」と語った。ジェイの後釜が磐田の攻撃のカギを握っている。(end)
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ
にほんブログ村

Jリーグ ブログランキングへ

守備”合格”も...磐田、開幕戦ドロー

 J1リーグの開幕戦が25日に行われ、ジュビロ磐田セレッソ大阪と対戦した。新加入の司令塔、中村俊輔の左足に注目が集まったが、試合は0-0のスコアレスドロー。キャンプから注力していた守備は及第点だが、連携不足から厚みのある攻撃はほとんどできず。昇格組からなんとか勝ち点1を拾った磐田、開幕戦という独特の雰囲気にのまれた。

 磐田の先発メンバーは次の通り。GKにカミンスキー、最終ラインは右からDF山本、DF大井、DF森下、MF宮崎。ダブルボランチにMFムサエフとMF川辺。中盤のサイドは右にMF太田、左にMFアダイウトン。トップ下にはMF中村俊、1トップにFW川又が入り4-2-3-1の布陣で臨んだ。

 ファーストシュートは”10番”中村。前半3分、敵陣中央で得たFKを直接狙ったが「抜けてしまいました」(中村)と枠を外れた。同36分にはアダイウトンがミドル。これは惜しくもGKにセーブされた。前半終了間際の45分には、左サイドの敵陣高い位置からFK。中村がクロスを送るとアダイウトンが頭で落とし、最後は山本が押し込んだ。しかし、味方のファウルを取られてノーゴールの判定。前半を0-0で折り返す。

 後半に入ってもオープンな展開にはならず、なかなか攻め手のない磐田。トップの川又にボールを送るが2人、3人とフォローに入ることができずセカンドボールをものにできない。磐田は後半35分に松本を投入。直後、右サイド高い位置で山本へパス。山本のクロスはクリアされるがこぼれ球にムサエフが左足シュート。わずかに枠を外れゴールとはならなかった。試合はそのまま終了。開幕戦を勝利で飾ることはできなかった。

司令塔・中村「やりたいことの半分しかできなかった」

 FKを直接狙ったのは2本。どちらも敵陣中央、やや遠目という位置。昨季までは何気ないリスタートになるが、今試合では状況が一変。中村がキッカーであることで"ゴールを狙える"というゾーンは格段に広くなった。CKも同様。得点にはつながらなかったが、希代のキッカーが蹴ることでセットプレーは磐田の武器となった。また、走行距離は両チーム含めて唯一12kmに到達。38歳という年齢だが体力的にも90分フルで戦えることを証明した。
 一方で、ソウザや山口とボール奪取に優れたセ大阪の選手を相手になかなかチャンスに直結したパスがだせなかった。「やりたいことの半分くらいしかできませんでした」と中村。次節ホームでの仙台戦。勝利に向けて攻撃を活性化させることができるか、司令塔の左足に注目が集まる。(end)
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ
にほんブログ村

Jリーグ ブログランキングへ

さすが…東スポのJ1順位予想がすごい

【Jリーグ大予想(1)】新指揮官と巨大戦力が融合したFC東京が悲願V

さすが東スポ、すごい思いきった、斬新な予想がでてきました。
突っ込みどころが満載の順位です。

日本代表クラスがそろうFC東京の首位は百歩譲って、ダークホース的にありかなとは思いますが、昨季年間勝ち点1位の浦和が10位…。
昨季の戦力を維持してプラス補強もされてると思うのですが、手堅く上位に予想しないあたりがすごいですね。
何か僕らの知らない裏情報でも知っているのか…と勘ぐってしまうほど思いきってます。

あと目をひくのは川崎の16位…まさかのJ2降格です。
FW大久保と風間監督が抜けた穴はとてつもなく大きい、ということでしょうか。

どこまで本気かはわかりませんが、ほかの人と同じじゃつまらない!!"我が道をゆく"感がひしひしと伝わってきます。
第4回まである連載ものらしいです、ほかの方の予想はどうなんでしょう。


優勝を争う上位クラブ予想の理由が記事のメインですが、それよりも下位に予想した根拠の方が気になってくる…(・.・;)
まあでも磐田をAクラスの9位としてくれたので、これはこれで良しとしましょう笑 (end)
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ
にほんブログ村

Jリーグ ブログランキングへ

ポドルスキ祭り、再開のお知らせ

headlines.yahoo.co.jp
ポドルスキ、こんのかいと思いきや
結局くんのかいっ!!

夏加入目指して再チャレンジとかありましたけど、
こんなあっさり決まっちゃうのか...( ˙-˙ )

でもまあ地元紙報道なので、正式発表までは何が起こるかわかりません!!
と、一応言っておきます笑

すごいなー神戸(end)
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ
にほんブログ村

ポドルスキ祭り 終了のお知らせ

headlines.yahoo.co.jp

やっぱりダメでした…。

以前のブログで"ポドルスキ神戸加入へ?"みたいな記事を書いていますが、ダメでしたね笑
jubiloiwata.hatenablog.com

「まもなく決まる」と語っていた神戸関係者は何をもってそう話したんでしょうか??
あれから全然決まらなかったし、「断念」だし。
でもまあ、「よし、いける!!」と思ったらガラタサライが移籍金つり上げてきてどうしよう…
みたいな背景があったのでしょう。

結局、正式発表が出るまではどうなるかわかりません!!ということです。
"加入へ"とか"獲得へ"とかいう"へ"見出しには注意が必要ですね(; ・`д・´)

獲得断念、僕個人としてはホッとしましたー。


そういえば、全然ビッグネームではないですが、
ジュビロは練習に参加していたコートジボワール出身FWコン・ハメドの獲得を見送ったようですね。
下の記事で、最後のほうにさらーっと書いてありました。
山本、サイドバックの理想追求 J1磐田・鹿児島キャンプ|静岡新聞アットエス

ちなみに、ニューイヤー杯でジュビロのベンチにしれっと座っていた小倉さん。
"レフティモンスター"の獲得はあるのでしょうか…いや、ベンチにはいらない。(end)
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ
にほんブログ村


キャンプ終了!! 唯一の3戦先発、"タフガイ"櫻内

www.at-s.com

キャンプお疲れさまでした!!
まずは「大きなけが人が出なかった」ということで安心しました。
ニューイヤー杯も1勝2分で物足りなさがありましたが、一応優勝。
フルパワーでぶつからずに若手を試したり、組み合わせを見たりという感じでしたね。

主力温存、中村俊や川又ら新加入選手は小出し…開幕に向け仕方ないですが、焦らされてます。
ベスト布陣での試合が早く見たい笑

そんな中、唯一3戦すべてで先発したタフガイ、櫻内選手

1戦目は3バックの右で先発し、2戦目、3戦目は右SB。
もう十分です!!お腹いっぱいです!!…というほど見せてくれました。

なんと、昨年のニューイヤー杯も3戦先発してたんですね。
キャンプで体力的に厳しい中、櫻内なら「いけるでしょ」といいうことでしょうか笑

今大会でも果敢にサイドを駆け上がり攻撃参加してます。
1戦目はアーリークロスで川又のゴールをアシスト、3戦目ではゴールライン際であきらめずにクロスを上げるとその流れから小川航の同点ゴールが生まれました。
昨季は序盤こそレギュラー定着してましたが、徐々に出場機会が減少。3バック採用などの影響もありますが、その無尽蔵のスタミナで右サイドを往復、"鉄人"らしさをみせてほしいです。

気になる右サイドバック 山本はどうなる?

けが人や累積などのチーム事情で昨季途中から右SBとして出場した山本。本職ではないにもかかわらず、残留争いをしていた名古屋との大事な一戦では、快速FW・永井を抑えてくれました。
今季は櫻内、小川大といる中で、中盤もタレントが豊富です。引き続きSBでの起用となるのでしょうか??(end)
山本、サイドバックの理想追求 J1磐田・鹿児島キャンプ|静岡新聞アットエス

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ
にほんブログ村